Indie Game Broadcasting~インディーズゲーム放送局

プロフィール

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

2009年にインターネット上でゲーム放送開始。
リアルタイム実況を中心に、週に約8時間、年間約400時間ゲーム実況を行い、現在も継続中。
2014年、YouTube上にゲーム専門チャンネル『 Indie Game Broadcasting~インディーズゲーム放送局』を開設。
動画編集と投稿としての経験は半年ほど。

専門分野はファミリーコンピューター(レトロゲーム)、アドベンチャーゲーム。その他、ゲームに深くかかわり過ぎた人たちのケアのため、上級心理カウンセラーの資格を所有。

専門分野外については、格闘ゲーム、シューティングゲーム、乙女ゲーム、セガ、マイクロソフト(xbox)、任天堂、モンスターハンター、ポケットモンスター他、特定のジャンルやメーカーに強い人物とつながりを持ち、必要な時にサポートしていただいている。

ゲームと関連が深いコンテンツ(アニメ、漫画)に造詣の深い人物や、ゲームクリエイター、ゲームライターとも交流。

電気を使わないタイプのゲームではTRPG全般のプレイヤー・GM、MTG(マジックザギャザリング)に精通している人物ともつながりを持つ。

 

ゲーム実況を中心に、インディーゲームの認知向上を一つの目的としています。

そして環境的に孤独になりがちなインディーゲームクリエイターの交流・憩の場と各種専門家(サウンドクリエイター・グラフィッカー・シナリオライターなど多数)と連関する機会を設け、自由でありながら高い開発力を発揮できるようなきっかけを提供しています。

視聴者には楽しみと正しいゲーム情報を、ゲームクリエイターには交流の場を、そしてゲームに関わる人々の苦労や悩み事・問題へのサポートを重視しています。

本来、生き物の生存のため全く不要なゲームが、苦労の原因になっていることはあってはならないことであり、本末転倒です。

先に書いたゲームプレイヤーとゲームクリエイターへのアプローチはその一環であり、ゲームによって起きている問題を排除することがインディーズゲーム放送局の目標です。

※2015年時点のプロフィールです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket